生活習慣、ストレスが大きな要因になっている事があります。

ホルモンバランスの気になるお話

ホルモンバランスは環境で変化します。

HOME » ホルモンバランスとは » ホルモンバランスが乱れると

ホルモンバランスが乱れると

どうして病気でもないのに生理痛が起こるの?

プロスタグランジンの過剰分泌
不要になった粘膜(内膜)を排出するとき、子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このホルモンは子宮を収縮させ、不要になった粘膜を血液とともに体外に押し出す働きをします。体質的にプロスタグランジンの分泌量が多いと、必要以上に子宮が収縮することにより下腹部痛や腰痛の要因となります。
子宮が成熟していない
初潮を迎えてから数年は、子宮がまだ成熟していないため、子宮口が狭く硬い状態になっていて、子宮外に血液をスムーズに押し出すことができません。そのため、より強く子宮を収縮させ、血液を押し出そうとするので痛みが起こります。この痛みは出産を経験するなど子宮が成熟すれば自然とおさまります。
肉体的なストレス
冷房や薄着などから体が冷えて血流が悪くなったり、立ちっぱなしの仕事を長時間続けたりするなど、身体に負担がかかると痛みをより強く感じることがあります。
精神的なストレス
生理痛は、精神状態や性格によっても大きく左右されます。生活環境の変化など、精神的なストレスにさらされることにより、痛みが生じることがあります。
痛みに対する恐怖感
思春期に激しい生理痛に苦しんだ人の中には、生理=痛いという感情が残り、肉体的には問題がないのに痛むことがあります。生理に対しての嫌悪感や不安感がより痛みを助長させてしまうのです。
病気による生理痛
軽い生理痛は、特に原因が見つからないことが多いのですが、病気のために生理痛が起きている場合があります。その代表的な病気が、「子宮内膜症」と「子宮筋腫」です。どちらも、自分ではわからないうちに発症して徐々に進行していくうえ、生理のときに痛む以外はあまり自覚症状がないので、病気だと気づくのが遅れてしまう例が少なくありません。生理のたびに寝込むほど痛みがひどい人は、どちらかの病気、あるいは両方を併発している可能性が高いので、婦人科の診察を受けてみましょう。
薬を飲めば日常生活が送れるという人も、痛みがひどくなったり、生理の量が増えたりするなど、これまでの生理と様子が異なる場合は注意が必要です。

生理には「女性ホルモン」が深く関係しています。

女性は怒りや悲しみ、不安感や苦しみなどの感情、精神的なショックや心のストレスなどが生理や子宮環境に影響を与えていることがあります。
月経随伴症状
月経前の時期に症状があらわれる「月経前症候群(PMS)」
月経の時期に症状があらわれる「月経困難症」
また、若い年代の女性を中心に月経前症候群と月経困難症とを併せ持つ方もいます。不正出血なども、心理的な関わりが強い場合があります。
生理のサイクルには、女性ホルモンの働きが深くかかわっています。そしてホルモンの分泌には、脳の視床下部が深く関わっています。また、女性ホルモンは、卵巣からだけでなく副腎という臓器からも、分泌されています。副腎は、人の身体がストレスに襲われたときにステロイドホルモンなどを分泌させて身体の防衛に当らせます。心理的なストレスや葛藤などでも、副腎から大量のステロイドホルモンが分泌されます。このとき、女性ホルモンも分泌されて、影響を与えます。また、子宮は交感神経に敏感に反応する器官として知られています。生理や子宮も、心のストレスや心の葛藤つまり怒りとか悲しみ、不安や嫌悪、深い悩み・・・・といった感情(情動)に影響を受け、そして、それがまた心身に影響を与えるというように悪循環を生むことにもつながってゆきます。

生理不順

「大脳からの指示によって、2種類の女性ホルモンが交互に分泌され、生理が起こる」という生理のメカニズムは、とても複雑かつ繊細です。そのため、栄養バランスの乱れやストレス過多、睡眠不足といった些細な健康トラブルによって、うまくホルモンが分泌されなくなり、ホルモンバランスが崩れ、生理周期が乱れてしまうことがあります。したがって、多少の周期のズレは、現代社会に暮らす女性であればどなたにも起こり得ることなのです。問題なのは、生理不順が続いているのに放置してしまうことです。この場合、排卵が起こっていないケースや子宮が小さくなってしまうケース、卵巣機能に問題があるケースが多く、不妊症や無月経(生理がまったく来ない状態)につながってしまうこともあります。私たちにご相談くださる不妊症の方の中にも、生理不順を放置していたという方は少なくありません。生理不順は不妊症予備軍と言っても過言ではないのです。
「2種類の女性ホルモンがバランス良く分泌されて生理が規則正しく起こるように、体の中を良い状態に変えていく」という『体質改善』です。子宮や卵巣、脳の視床下部、下垂体など、生理のメカニズムに関わるあらゆる器官の血行不良・代謝不良などを改善することで、ホルモン分泌の正常化や生理を起こす力の回復を目指します。

<こんな生理は要注意>
・ 生理周期が39日以上………稀発月経
・ 生理周期が24日以下………頻発月経
・ 生理が8日以上続く…………過多・過長月経
・ 生理が1~2日で終わる……過少・過短月経
・ 生理が3ヵ月以上ない………無月経

 
コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
HOME » ホルモンバランスとは » ホルモンバランスが乱れると
HOMEホルモンバランスとはホルモンバランスを改善しよう!ホルモンバランスを崩すとちょっと難しいお話
copyright c ホルモンバランスの気になるお話 All Rights Reserved.