生活習慣、ストレスが大きな要因になっている事があります。

ホルモンバランスの気になるお話

ホルモンバランスは環境で変化します。

HOME » ホルモンバランスとは » ダイエット中や産後は要注意

ダイエット中や産後は要注意

間違ったダイエットは危険です。

痩せることは、理論的にはとても簡単です。食べる量をグンと減らせば、確実に体重は減ります。でも、極端なダイエットをすると、知らない間に体はダメージを受けているものです。なかには、回復するまでにとても時間がかかるケースもあります。無理なダイエットをすると、体はそれに対抗するように働きます。つまり、少ない栄養でもからだを維持できるように基礎代謝量を下げ、脂肪の分解を防いでからだに蓄えるようになってしまうのです。その結果、ダイエット前と同じ物を食べても、より太りやすくなってきます。ダイエットの反動でまた太ってしまう「リバウンド現象」が起きるのも、この体質の変化が一因となっています。

【 無月経・月経不順 】
無理なダイエットをするとホルモンの分泌が乱れるため、月経不順や無月経を招きます。最近、多くなっているのが「体重減少性無月経」と呼ばれるケースです。急激に体重が減ることで、卵巣から分泌される女性ホルモンがストップして、排卵や月経が止まってしまうのです。なかなか治りにくいのが特徴で、回復するまで数年かかる場合もあります。放置しておくと、体の老化が進み、不妊になることもあるので、早い段階で婦人科を受診することが必要です。

【 拒食症・過食症 】
無理なダイエットをきっかけとして、摂食障害が起こることもあります。物をほとんど食べなくなってしまう拒食症は、栄養失調になってからだが衰弱し、死に至るケースもある怖い病気です。拒食症の反動で起こりやすいのが過食症で、食べることをコントロールできなくなって大量に食べ続けます。そのあとは、太る恐怖から、食べた物を吐いてもどしたり、下剤を使ったりすることも。どちらも、体の問題に心理的なストレスが加わることで起こると見られており、心身両面から治療する必要があります。

【 骨粗しょう症 】
骨がスカスカになって折れやすくなる「骨粗しょう症」は、カルシウム不足が原因で起こる病気です。中高年の病気のことと思いがちですが、最近は過度のダイエットによるカルシウム不足が原因で、若い女性の間でも増えてきています。もともと女性は男性よりも骨粗しょう症になりやすいので、若いうちからカルシウムを十分にとって骨を「貯金」しておくことが大切です。無理なダイエットを繰り返していると、今は大丈夫でも更年期以降に骨粗しょう症になるリスクが高くなります。

【 貧血 】
ダイエット中に、体がだるい、疲れやすい、めまいや動悸がするといった症状があらわれたら、「鉄欠乏性貧血」の可能性があります。鉄は体内で吸収されにくいミネラルで、食べ物で摂取したうちの1割程度しか吸収されません。そのため、ダイエットで食事の量が減ったり、偏った食事をしたりすると、鉄はすぐに不足してしまいます。女性は月経によっても鉄を失うので、ただでさえ貧血になりやすいのです。その上、無理なダイエットをしたのでは、自分から貧血を招き寄せるようなものです。

【 冷え性 】
体温は栄養をもとにつくられるので、ダイエットで栄養が不足すると冷えに悩まされるようになります。また、自律神経の乱れも冷えを招く原因のひとつです。過激なダイエットをすると、大きなストレスがかかるため、自律神経が乱れて、冷えが起こりやすくなります。

【 肌あれ 】
食事の量を減らすと、肌の健康を保つために必要なタンパク質やビタミンA、C、Eなどの栄養が不足しがちです。そのため、痩せたのは良いけれど肌はボロボロといった結果にもなりかねません。特に、「フルーツだけ食べてやせる」といった1つの食品だけを食べるダイエットは栄養のバランスがとれないので、肌のトラブルが起こりやすくなります。

キレイをキープするダイエット

◇ リバウンドしにくい減量ペース
「1週間で5㎏やせる!」といった広告を見ると、つい試してみようかという気持ちになります。でも、急激なダイエットはからだに悪いうえに、リバウンドしやすいものです。からだに無理をかけず、着実にやせたいのなら、1ヶ月で1~2㎏の減量がベストです。たったそれだけと思う人もいるかもしれませんが、急激にやせると、それだけ急激に元にもどりやすいということをお忘れなく。

◇ 「直線やせ」ではなく「階段やせ」
順調に痩せていたのに、パッタリ体重の減少が止まってしまうことがあります。ダイエット中にはこうした停滞期が何度か訪れます。これは、体がダイエット状態に適応しようと、消費エネルギーを減らしてしまうために起こるものです。ここを乗り越えると、体がダイエットに慣れ、また体重は減っていきます。停滞期がなく、直線状にストンと体重が減っていくダイエットは、体に無理がかかっている証拠です。それだけリバウンドするのも早くなります。正しいダイエットは階段を一段一段降りていくように体重が落としていくことです。

◇ 栄養のバランスに気をつける
食べる量を減らせば、当然、摂取できる栄養も少なくなります。それだけに、ダイエット前よりも栄養バランスには配慮したいものです。タンパク質、糖質、脂肪、ビタミン、ミネラルなどの栄養をきちんと摂らないと、体に不調が現れたり、肌のトラブルが起きたりするなど老化を早めてしまうことにもなりかねません。

◇ 糖質抜き、油抜きはNG!
ダイエットというと、糖質や脂肪を減らせばいいと思いがちですが、ご飯などの糖質はある程度摂らないと、脂肪を効率よく燃焼することができません。また、脂肪は体の組織を作ったり、肌のツヤを保ったりするのに必要な栄養素です。脂肪の摂取量が極端に少ないと、脂溶性のビタミンA、D、Eなども体内で吸収されにくくなり不足してしまいます。キレイに痩せるには、糖質も油も適度に摂ることが必要です。

◇ 運動で「太りにくい体質」に
運動もしないで食事を減らすだけのダイエットは、だんだん基礎代謝量が低下して、痩せにくくなってしまいます。運動をすると、消費エネルギーだけでなく、基礎代謝量がアップするため、痩せやすくなります。また、運動をしないダイエットでは、たとえ痩せても、美しいプロポーションにはなりません。ただ細いだけでなく、バストとウエストのメリハリのある体を作るには運動は必要なのです。

産前産後のホルモンバランス

女性は、産前産後にホルモンバランスが乱れたり、崩れたりしてしまう人がいます。
産後のホルモンバランスの乱れは、出産の時に、胎盤と一緒に、妊娠中に分泌されていたホルモンすべてが、体外に排出されます。これにより、産後は体内のホルモンバランスが急激に変化して、自律神経系に影響を及ぼしてしまいます。また産後は、分娩の時のストレスや、育児に対しての不安なども影響し、心理的に不安定となり、疲労感が増し、「産後うつ」という症状が現れます。この「産後うつ」は、ホルモンバランスの乱れにより、とても深刻な症状となります。一般的には、マタニティーブルーと言われています。
このマタニティーブルーは、産前にも見られますが、この時期はお産に対する不安など、精神的な原因が大きくホルモンバランスではありませんから、それ程心配は要りません。しかし、「産後うつ」の場合は、産後、急激にホルモンバランスが変わることにより、自律神経系が影響を受け、また、育児などに対しての不安が増えたことが原因となるので注意が必要です。
ホルモンバランスは、産後3日から5日くらいが一番崩れており、10日くらいになると徐々に元に戻ってきますが、出産や育児の疲れから、1ヶ月を過ぎたあたりから、「産後うつ」の症状を発症する女性がいます。
体が正常な状態であれば、ホルモンバランスは徐々に元に戻ってきますので、回りの人に理解してもらい、精神的に肉体的にサポートしてもらうことで乗り切ることができます。頑張り過ぎない、体を休めることが大切です。

 
コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
HOME » ホルモンバランスとは » ダイエット中や産後は要注意
HOMEホルモンバランスとはホルモンバランスを改善しよう!ホルモンバランスを崩すとちょっと難しいお話
copyright c ホルモンバランスの気になるお話 All Rights Reserved.