生活習慣、ストレスが大きな要因になっている事があります。

ホルモンバランスの気になるお話

ホルモンバランスは環境で変化します。

HOME » ホルモンバランスを改善しよう! » ホルモンバランスを整えるには

ホルモンバランスを整えるには

女性ホルモンの働きとバランス

女性の体は毎月の月経周期によってコントロールされ、女性ホルモンの分泌サイクルと密接に関係しています。1ヶ月の中で、肌荒れのひどい時期があったり、イライラしたり、逆に調子が良かったりする時期があるなどは、すべて女性ホルモンの分泌と大きく関わっています。
最近広く知られるようになった月経前症候群は、女性なら多かれ少なかれ、誰にでも出る症状で、ごく自然な生理現象です。
女性の体内では「エストロゲン」という女性ホルモンと、「プロゲステロン」という女性ホルモンが、バランスよく分泌されています。「エストロゲン」には、母体を守る働きがあり、様々な面で全身にわたる保護作用が働き、女性の健康のカギを握っています。
たとえば、肌や髪にツヤを持たせ、バストにハリを持たせ、骨を丈夫にするなどの働きをします。一方、「プロゲステロン」は妊娠の準備をするために子宮内膜をふかふかにして、妊娠した場合にはそれを維持する働きがあります。
この2つの女性ホルモンのバランスが生理周期で変わることにより、エストロゲン優位期には心も体も快調で、肌の調子も良く、気分も安定してイキイキしています。
一方、プロゲステロン優位期は、ボッーとして、水分や血行が滞り、肌荒れ、腹痛、肩こり、便秘などの不調が出やすくなります。
しかし、ストレスや過度なダイエット、不規則な生活などにより、この2つのホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。すると生理不順や無月経になったり、肌や髪・骨などに影響が出てきてしまいます。ホルモンバランスの崩れは、体を老化させる原因になることがわかってきています。女性にとって、ホルモンバランスは大変重要な意味を持つのです。

女性ホルモンが不足したらどうなる?

女性ホルモンの変化にさえも反応してしまうことがあるくらい、女性のカラダはデリケート。日頃からホルモンバランスを整えておくことは、女性が健康を維持するためには、とても大切なことです。
では、女性ホルモンが不足したらどうなるでしょう?女性ホルモン不足は美容の大敵。老化を進め、それが肌やカラダにてきめんに現れてきます。ホルモンバランスを保つためにも、できるだけストレスをためずに、規則正しい生活を送るように心がけたいです。

<皮膚>
エストロゲンは、皮膚に関わっている細胞をほとんど活性化します。若い女性の皮膚がみずみずしいのは、皮膚の表面の組織に弾力成分であるコラーゲンが多く含まれているからです。エストロゲンは、繊維芽細胞というコラーゲンを作っている細胞を活性化するので、エストロゲンが減る閉経の年齢になるとコラーゲンも減少し皮膚にしわやたるみが目立ってきます。

<脂質代謝>
エストロゲンには、血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。そのため閉経を迎える年齢になると、急激に女性のコレステロール値が上がります。

<膣>
膣粘膜にあるデーデルライン菌が常に膣内を酸性に保ち、雑菌の繁殖を防いでいます。エストロゲンはこの菌の栄養源となるグリコーゲンの分泌を促しています。さらに、このエストロゲンは膣粘膜細胞の増殖を促し、膣をみずみずしく保つ働きもしていますので、これが足りなくなる事により、更年期になると膣が乾燥する感じがするのです。

<体温>
エストロゲンは視床下部にある体温調節中枢に影響を与え、体温を下げる働きをします。もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンは体温を上げる働きをしますので、女性には高温期と低温期が交互に訪れるわけですが、エストロゲンが不足すると体温が下がらないので、更年期には特有の、のぼせ・ほてり・多汗のような体温上昇に伴う症状が感じられるのです。

<髪>
エストロゲンは幹細胞が分裂して毛を成長させるようにという指令を与え、コラーゲンを作って潤いのある抜けにくい髪の毛にしてくれます。更年期の頭髪の抜け毛やパサパサ感は、エストロゲンの不足が原因です。

<骨>
エストロゲンは骨の成長や骨量の維持、増進に重要な役割を果たしています。骨芽細胞の増殖を促して骨の産生を高める他、カルシウムを骨に沈着させる働きをする活性型ビタミンDやカルシトニンの合成を促す作用もしています。従って、エストロゲンの分泌が減少する閉経期には、骨粗鬆症になり易くなるのです。

女性ホルモンを増やすにはどうしたら良いの?

現代の女性はストレスが原因で、昔に比べ女性ホルモンの分泌量が格段に落ちてきているといわれます。ストレス社会に負けないよう、まずは減らさない努力をすることです。

【趣味や興味を持つ】
趣味に没頭すると、働きが鈍った大脳辺縁系が刺激され、女性ホルモンの分泌が増えます。

【好きな香りに包まれてリラックス】
嗅覚は大脳辺縁系を直接刺激し活発に働かせます。香りは人それぞれ好みがありますから、自分の好みの香りをみつけることから始めましょう。
オススメはアロマテラピーです。アロマの中でもアニスとフェンネルという精油は、女性ホルモンの働きを補うトランスアネトールという成分が含まれています。趣味の時間やストレッチをする時に是非香りをプラスしてみてください。

【規則正しい生活】
ホルモン分泌は22:00~2:00が最も活発になるとされています。
できればこの時間帯に睡眠が取れると理想的です。睡眠不足は肌に悪いばかりか、女性ホルモンの分泌にも影響を与えますので注意してください。また、冷えの原因になることはできるだけ避けましょう。

【バランスの良い食生活】
体に負担をかけ過ぎる無理なダイエットは絶対にやめましょう。余分な体脂肪を取る、内臓脂肪を消費するなど、健康のためのダイエットは問題ありませんが、必要以上に過剰なダイエットは、十分な栄養が摂取できいばかりか、体にも負担をかけてしまいます。こうなると女性ホルモンの分泌に影響を与える可能性があります。
また、毎日の食事でエストロゲン補給できるような大豆製品を取り入れると良いです。
※ カフェインやアルコール、タバコの中に含まれるニコチンの過剰摂取は、女性ホルモンの分泌に影響を与える可能性があります。適度な量に抑えるようにしましょう。

【適度な運動】
ウォーキングはリンパ球を増やすことに貢献し、女性ホルモンエストロゲンを増やすとも言われています。ストレッチなどの簡単な運動で正しい姿勢をキープすることも大切です。

 
コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
HOME » ホルモンバランスを改善しよう! » ホルモンバランスを整えるには
HOMEホルモンバランスとはホルモンバランスを改善しよう!ホルモンバランスを崩すとちょっと難しいお話
copyright c ホルモンバランスの気になるお話 All Rights Reserved.