生活習慣、ストレスが大きな要因になっている事があります。

ホルモンバランスの気になるお話

ホルモンバランスは環境で変化します。

HOME » ホルモンバランスを改善しよう! » アロマでホルモンバランス改善

アロマでホルモンバランス改善

好きな香りでリラクゼーション

香りは鼻から入り、脳の中の視床下部という部分に届きます。そのすぐ下にある下垂体にも影響を与えるといわれます。下垂体は卵巣からの女性ホルモン分泌を促すよう指令を出す部分です。一方、視床下部は自律神経に関係するため、香りを嗅いでリラックスすればホルモン分泌だけでなく自律神経のアンバランスを整えることも期待できるわけです。視床下部は非常にストレスに敏感な部分といわれます。そのためストレスが多いとホルモンや自律神経のバランスを逸するのです。
いろいろな症状が併せて見られる更年期障害のケアには、植物の複合的な成分が混在されているエッセンシャルオイルを使ってのケアはオススメです。香りは気分にも大きく影響を与えますから、体と心の両方に作用するという点で心身ともに不安定にある更年期障害にアロマケアは効果的といえます。

女性ホルモンの働きを正常化させる香り

好きな香りでリラックスすると、副交感神経が優位になり、ホルモン分泌に良い影響が出ます。
世界的に好まれる香りにローズがありますが、好みは個人によって違ってきます。好きと感じる香りを楽しむ時間が何よりも大切なことです。

ローズ、イランイラン、ゼラニウム、クラリセージ、サルダルウッド、
ローズマリー、ジャスミン、ラベンダー

ハイビスカスの仲間でニオイトロロアオイと呼ばれるアオイ科の植物から得られる種子「アンブレット・シード」のオイルの香りを嗅ぐと、唾液中のエストロゲン濃度の上昇が認められたとか…。

女性ホルモンを活発にさせる化粧品

ホルモンが減少すると全身の肌が乾燥しやすくなるため、刺激に敏感な肌になり、炎症をおこして たるみ や くすみ の原因となります。
年代に合った化粧品、ホルモン変化に対応する化粧品など自分の肌変化に合わせた化粧品を選ぶようにしましょう。
皮膚の中にあるホルモンレセプターに外からホルモンに似た成分を含むものを与えるということから、ザクロ種子油、ワイルドヤム、ヒオウギエキス、ダイズエキス、プエラリア・ミリフィカ根エキス など を配合した化粧品がたくさん出回っています。
しかし、成分だけにこだわり、匂いが嫌いだったりイライラしたりでは期待する効果は得られません。容器などの見た目や感触、香りが好きで心地よいと感じられるものかも重要になってきます。

 
コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
HOME » ホルモンバランスを改善しよう! » アロマでホルモンバランス改善
HOMEホルモンバランスとはホルモンバランスを改善しよう!ホルモンバランスを崩すとちょっと難しいお話
copyright c ホルモンバランスの気になるお話 All Rights Reserved.