生活習慣、ストレスが大きな要因になっている事があります。

ホルモンバランスの気になるお話

ホルモンバランスは環境で変化します。

HOME » ホルモンバランスを崩すと » ホルモンバランスと不正出血

ホルモンバランスと不正出血

出血量と頻度は、病気の重さと必ず一致するとは限りません

不正出血とは「月経時以外の、性器からの出血」のことを言います。おりものに血が混じったり、月経と月経の間に出血したり、数ヶ月に一度出血したり、ナプキンでも間に合わないくらいの出血がある人もいます。
不正出血は「少し血が出た程度だから大丈夫」「たまにしか症状がないから大丈夫」と自分で判断するのは危険です。
性器からの不正出血には、 器質性出血 と 機能性出血 の2種類に分けられます。

* 器質性出血 *
子宮の腫瘍などの異常によるもので、これには良性と悪性があります。良性は、「子宮筋腫」「子宮内膜症」「子宮膣部びらん」「子宮頸管ポリープ」「子宮内膜ポリープ」などです。子宮膣部びらんはセックス後に出血したり、おりものの増加、排尿時に痛みを伴ったりします。良性のものは基本的に、治療をすれば完治します。
悪性の場合、「子宮頸がん」「子宮体がん」「卵管がん」「膣がん」「外陰がん」「子宮肉腫」などがあり、不正出血は大きな病気からのサインです。

* 機能性出血 *
多くは卵巣機能と関係がありその働きが衰える、更年期にあります。思春期の子宮や卵巣が未発達である時も、出血する場合があります。
機能性出血の原因は、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌バランスの崩れです。更年期時に過度のストレスや不規則な生活が続くと、ホルモンバランスが崩れ、不正出血につながることが多くなっています。

※ 月経と月経の間の排卵期前後に、無排卵や卵胞ホルモンの分泌が低下して少量の出血が起こる「排卵期出血(中間期出血)」や、血液疾患、ビタミンC欠乏症、急性伝染病、敗血症など、全身の病気からくる不正出血もあります。

自己判断をしないこと、シグナルを見逃さないこと

不正出血の症状でわかる女性の病気

子宮筋腫 … 成人女性の4人にひとりがかかっている一般的な病気で、子宮の筋肉層にしこりやこぶ、おできなどの腫瘍ができるものです。症状として生理期間が長くなった、レバー状の血の塊がたくさん出るようになった、月経痛が激しい、貧血、腰痛などがあります。しかし子宮筋腫は良性の腫瘍なので、貧血や重い生理痛などの不都合がなければ、手術などの治療をせず、8センチくらいのしこりでも経過を観察することが多くなっています。

子宮内膜症 … 月経痛が激しくなる症状から始まり、出血量も増え、不正出血がある、と気が付いてから病院に来る人が多く見られます。これは子宮内膜の組織が本来あるべき子宮内部以外の部分に発生して増殖する病気です。女性ホルモンの影響を受け、月経周期に合わせて増殖や剥離を繰り返し、病状が進むと激しい月経痛がおこります。また不妊と関係が深いとも言われています。

子宮頸ガン … 子宮の入り口、子宮へ異物が入るのを防ぐ働きをする場所にできるガンです。10~20代にも見られることがあり、近年若年化の傾向にあります。子宮頸ガンには初期症状がありませんが、病気が進むと不正出血や臭いの強いおりものがあり、さらに進むと下腹部や腰に痛みが出ます。

子宮体ガン … 子宮の内部にできるガンで、子宮内膜に近い部分にできることから、子宮内膜ガンとも言われます。これも増加傾向にあり、50代に多い病気です。子宮体ガンの初期には不正出血があり、進行すると悪臭のある血の混じったおりものが、腹痛とともに見られます。

不正出血は病気のサインです。不安を取り除くためにも受診をしてみましょう。

婦人科の問診では、どの程度の不正出血があるのか、その期間や量などの質問をされますので、症状や体調をメモしておくようにししましょう。※ 基礎体温表があれば持参しましょう。
内診は、超音波検査(エコー)で子宮を観察する「経腹法」と、器具を膣内に入れて内部の断面を見る「経膣法」があります。細胞診も行います。
さらに「子宮鏡検査」といって子宮の中に子宮用の内視鏡を入れ、内部の画像を診察する方法です。子宮の内側に出来る筋腫、ポリープなどを発見し、そのままポリープを除去することができます。
問診と内診で不正出血の原因がわかったら、止血剤、低容量ピル、排卵誘発剤など薬剤を使用することがあります。また、ホルモンバランスの崩れによる不正出血は、ホルモン注射をすることもあります。
不正出血は病気のサインですが、30歳を過ぎたら不正出血がなくても子宮ガンの定期検診をしましょう。なにもなければ安心できますし、たとえ病気が見つかったとしても、良性のであれば簡単に治りますし、悪性の場合であっても、早めの治療で完治することができます。

◎ 不正出血は一般的なもの?
女性の体はデリケート。不正出血は誰でも経験しているはずですが、生理痛がひどくなったり、貧血になったりするほどの出血がある場合は原因を突きとめましょう。不正出血の悪性のものには、病気が隠れていることがあります。

◎ 不正出血って何?
ホルモンバランスの乱れやポリープ、子宮内膜症、頚管炎など子宮内部から出血するのですが、かぶれやただれなどの炎症で、膣、外陰部から出血することもあります。子宮外妊娠の場合には、卵管から出血します。不正出血を長期間放置しておくと貧血になったり、重大な病気が進行したりして治療が難しくなることがあるので、早めに出血の原因と部位をはっきりさせることが大切です。

◎ 月経と月経の間の微量な出血
出血は生理時だけではありません。微量であれば、「中間期出血」であると考えられますが、毎月5日以上続く場合は、排卵機能が乱れている可能性があります。

 
コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
HOME » ホルモンバランスを崩すと » ホルモンバランスと不正出血
HOMEホルモンバランスとはホルモンバランスを改善しよう!ホルモンバランスを崩すとちょっと難しいお話
copyright c ホルモンバランスの気になるお話 All Rights Reserved.